間と食卓と調子~リフレクソロジー雑司が谷十音

日々のあいま、リフレクソロジーで聴く、心とからだの調子。リフレクソロジスト山﨑絢子のブログ。

2022 立夏 竹笋生

DIセラピューティック・リフレクソロジーは「東洋医学リフレクソロジー」とか「東洋医学理論と西洋リフレクソロジーの融合」とか言われたりするのですが、

臨床的には、垂直に近い角度で立てた指第1関節から先を差し込むポイントで足全体を埋める、淡々と。

確かに、オイルで横に流したりウォーキングサムで行う手技より、ツボ療法に近いと言えるが、

やはり「東洋医学的」なのは、在学中に一番訓練された経絡理論と五行論、四診と見立てによるのだと思います。

本当に「身につける」のは大変なことなのに、いざ仕事としてやっていくと、まずは「触れる」という快の刺激を求めるクライアントに対し手技でセッションして時間が終わってしまうことが殆どで、コンサルテーションシートを隅々まで埋めて弁証するということをほとんどできなかったりする。

 

加えて、クライアントが生活への「アドヴァイス」といったものを必要としていないことも多く、そこに介入する関係を築くのにはちょっと時間がいったりする。

 

それでも、足の質感といったものからその方の体質が見立てられ、質問をしたり、養生法を一緒に探ったりという作業には無上の喜びがあって、その接点がセラピューティック・リフレクソロジーがそれである所以なので、できれば2時間の制限時間の中で、ある程度そこまでの信頼関係を築きたいなとは思う。

 

その外科的な側面と内科的な側面の合間へのヒントを模索し続けていて、精油や植物や医薬品や漢方やと道を分け入って、このウィルスとの付き合いの間にはほとんど羅針盤を失った状態にもなったけれど、「流し読みしない」勉強をここのところ始めていて、いろいろがつながりはじめた。

 

漢方が派生したもともと中国伝統医学には、2大巨頭の書籍があって、

北方で生まれた『黄帝内経』と、

江南で生まれた『傷寒雑病論(傷寒論金匱要略)』

寒冷地で経絡理論や鍼灸といった外科的要素が生まれたのは有機を扱うのに腐敗が少なかったからかもしれないし、

植生が豊かな南方だったからこそ恵まれた生薬研究ができて、病理や生薬論といった内科的要素が発展したのかなどと俯瞰している段階。

それにしても、この2つの巨頭がお互い交流しながら古代医学というか、一大文化を築きあげていったというところに感動しています。

 

そして、寒冷地の外科的要素と、温暖地の内科的要素の間の交流に、

手技とコンサルテーションをつなげて「2人でつくりあげるアート」にしていくヒントがないかと思っているのです。

 

さて、技術評論社の「知りたい!サイエンス」シリーズ 

『薬のルーツ”生薬” 科学的だった薬草の効能』関水康彰 2010年


f:id:ReflexologyTone:20220517213921j:image

生薬がなぜ人間に効くのかというところを、「生理活性物質」を接点にずばりと述べられるのは第5章。

 

生薬を徹底的に化学に置き換える内容で、専門用語のほとんどは「ただ叩き込む」ことに終わったけれど。

 

本日の目玉は「アルカロイド

 

登録販売者試験で「ベラドンナアルカロイド」というのが出て来て、なんだ美女総アルカロイドって変な名前と思って終わっていたアルカロイドさんは、実は、薬を理解するのにこれがなくちゃダメな物質だったのですね。

(ちなみになんで美女かというと、この物質を点眼して目を大きく見せる美顔術が、ヴェネツィアあたりから流行ったからだそうです。だからイタリア語で美女)

 

モルヒネからコカイン、カフェインにいたるまで属している、このアルカロイドさんの分類図を写しながら、叩き込みにさえ興奮を覚えました。十音は毒が好きです。

 

前述のとおり「流し読みしない」というのは、ノートをとりながら読むということで、書くことが苦手(たぶん、線を引くのが苦手なのだと思います、落ち着いていないから)な十音には身体的にとてもきついことなんですけれど、確実に、本が身になります。続けてやっていこうと思っています。

 

1冊身に刻むと、なんだか身体が重たくなったみたいになります。
これを、うまく消化するのが大事。

 

今日は満月の月食だったそうで。

めまいが強くでて酔い止めを飲まなくてはならなくなった人がいたり、身体がふくれるのか塩味のポテトチップスをやけ食いしそうになっている人がいたりと。

解りやすく人間の身体に出ていたように思います。

 

「塩」が、人のこころを安心させ、気を鎮めるという作用についても、そういえば上記の本で納得がいったところです。

tonenoteトオンノオト

漢方について、素晴らしい著作がいっぱいあるけれど、
八綱弁証法と、陰陽五行説の間にある、マップにしにくい感じの空白と言うか、
ごまかしというか…って気になった方いらっしゃいませんか。

八綱弁証まで順調にロジックツリーを描いてきたのが、
「実は東洋医学の考え方には五行論というのがあって…」などと、木火土金水のエネルギー関係が出て来た途端に、ちょっと枝が切断されるような感じが。

どの方の著作にもある。

 

でも、語らなくちゃいけないんです、とばかりに章を設けられて語られはするけれど、そのあとの漢方の方剤や生薬の話にはひとフレーズも出て来ないので、本を読み終わるころには忘れられている。

 

つまりは、抽象性が高いその世界は治療家にとって、基本を行えた上のよりダイナミックな処方とか、センスとか、クライアントと世界観を共有するために必要なものなのかもしれない。

 

いっそのこと六病位と気血水までだけで土台をしっかりしてから、引経報使(五行と経絡理論)加えたほうが、混乱せずに奥行が出るかと思ったりもするけれど、十音が学んだ順序は逆。

 

しかしその逆の順序もようやっと役に立ちそうです。
五行内の相互作用を体感できていると、あとが速いはずと思います。

というのは、わたしは以上のような「枝切断」で何度も道を失い、迷子になってきたのですけれど、そのかわり何度も何度もその地図を読んでぼんやりした用語の蓄積が頭にありました。あそこにお蕎麦やさんあるなーとか。警察署あるなーとか。

今日はまず1冊ノートをとり表を写しながら理解しようとして、それぞれの用語がちゃんと呼吸を始めて活きてきたような感覚があります。

迷いながらも眺めてきた地図の学校とか警察とか図書館とかお蕎麦さんとかが、「ここに建ってるんですよー」と旗を振ってまっていてくれるみたい。

 

読んだ本が、漢方を図解したり表にしたりすることに長けた書で、混乱がすくなかったのも助かりました。

『基礎からわかる最新漢方入門 生薬治療の集大成』関水康晃 2013年 

 

 

中国伝統医学とそれが日本独自の医療体系となった漢方において、病は表→深部へと入っていく。

ミルフィーユのような人体の層のどの辺に病があるか、その人体は自然現象の中のどの辺にあるかの、座標を決定するような作業が弁証論。

 

西洋薬のそれもOTC薬が国ぐらいのレベルの居場所特定で、「彼女は日本国にいる」と言う時に、
漢方の弁証法は、「彼女は東京都豊島区の坂の上のアパートの、日当たりが良いけれど風のあたりが強いところにいる」ぐらいの座標を、じわじわ、と数えてピンをうつよう。

だから、今は梅雨だから鎮痛剤ねではなくて、「湿気は強い国だけれど彼女の立っているところは熱風が強いせいの火傷の炎症だから日よけと風よけも必要なんではないか」ぐらい分析して処方されるという印象。

それはそのまま、その人の物語を紡ぐことになる。
足からでも、いつもやっていたことなのだと思う。

 

人体の中に地球があるみたいな、フラクタル構造で人は病んだり回復したり強くなったりする。

 

手技療法者としての十音の手は、薬効として解表剤のようなもので、刺激としては温性で鋭く、できるだけ座標の数値を正確に読み取るものであるといいなと思います。

そして、身体の一番外側にまだいる邪を、払い散らすのをお助けします。

 

 

tonenoteトオンノオト

そうだった。

 

reflexologytone.hatenablog.com

 

骨盤底と口腔底の筋肉の構造は似ている。

空間把握が苦手らしい十音には、骨盤のメビウスの輪のようなねじれがどうしても理解できなかったのだけれど、外耳が骨盤の寛骨に似ていると解った時から描けるようになった。

DIリフレクソロジーではかかとを骨盤内の反射区と見立てていきますが、
恐らく、踵骨と骨盤と外耳も、なんらかの共通の形状があるのだろうと仮説をたてて、
今日も他者さまの足に触れることができる。

 

*

 

時間がかかったが、宮本輝の『青が散る』を読み直した。

改行なし、ぎゅうぎゅうに詰められた文字で細かく描写されるテニスの一挙一動の密度、ほんのなん言かしかないやり取りの間の無限の密度どちらも高くて豊かな気持ちになる。こういう風に、身体を思いきり使って、生きていきたい。

自分はちょっと身体が、ヒマなんだと思う。労働に慣れたりもして。

また、「労わられるはずだ」と期待していたコロナ禍の労わりのプロセスが、下手するとすっとばされたまま先に行きそうだということに気がついたのだ。それで、高揚感が失せてぐずぐずしているのだろう。

tonenoteトオンノオト IMSIホームページ

IMSI自然療法の国際総合学院のホームページ

卒業生の声

https://www.imsi.co.jp/voice/22043/

に掲載いただきました。

こうやって、総括する場をいただくと気が引きしまります。

15日のイベント施術「あわいものやで十音のことほぐし」もご予約いただき始めました。

https://ayakoxyamazaki.wixsite.com/reflexology-tone

しっかりせねば。

お会いしましょう。

tonenoteトオンノオト

愚痴もここまで書けばもう十分。というぐらい書いてみました!
歌から音楽を学び芸術団体で働いたところから東洋医学的リフレクソロジストになったわたしが薬店の品出しの労働をきっかけに西洋薬と漢方薬に興味をもち、植物精油ブレンドの世界を教えてもらったところから疫病のおかげもあって植物に没頭、生薬への片思いを続けている。
もう少しでそれらがどろりと流れ出し、すべてを栄養にして十音を強くしてくれるのではないかとひそかにわくわくしている自分もいる。

 

勘の良い方にはこれら道草を筋膜みたいにつなぐ、わたしの好奇心が見えていて、
だんだん十音が形作られていくことを喜んでくださる。


全体的に見れば音も成分も人体にとって刺激。
カテゴリーに囚われずに深く学んで、ただ生きていたらよいのでしょう。なんか欲深くて困るなと思います。

 

さてさて、
大手チェーンのパートタイマー登録販売者研修中のいいところは、研修のシステムがしっかりしていて、学んだら即、次の日の実務で生かせるところです。

日にちで計算すると8割近くの研修が終わっていることになるわけですが、それを余さずいただいて、さあどこへ行こうって。わたしは自由ですね。

 

結局、登録販売者というのは、ドラッグストア業界で処方箋ではない薬を売らせたり、ちょっと専門家がいるように見せるために、パートに勉強をさせる方便でしかないと言ってしまえばもうそれまで。なにしろ、2年間「登録」して「販売従事」しないと本資格ではないなんて、どう考えても人材確保しとくみたいな生殺し契約にしか思えません。

 

薬剤師の次に薬の専門家 だなんて謳われるけれど、公式には(厚生労働省の医療従事者の定義によれば)医療従事者でも医療関係者でもない。医療関係者限定の情報は受け取れないし勉強会に参加もできません。

 

それも、「登録」するためにかかる費用はすべて自分持ちで、それを登録販売者研修中の手当(1時間に30円とか、50円とか、賃金の基準によります)で払おうとしたら800時間はかかるのです!
「トウハン…取ったからって、何?って思っちゃって」
という若い同僚に言わせれば、面倒が増えるだけで見合う手当のない資格だそうで、ほんとそう思うこともあります。

 
相談業務なんかで強いられる緊張とか、他の一般従事者さんが薬の配置を覚えてないためレジに呼ばれて店を対角線に走り、「〇〇っていう薬どこ?」とかいう。

資格なんてなくても薬店店員だろ答えてくれよと私は思うんですけれど、そんな「メンドウ」業務に応じたり、疫病の検査管理者という名の立ち合い人になって陽性者と向かい合うリストの1番上だったりしても手当はない。

 

そしてわたしは、今日も酒と飲料の担当として、麦茶とかポカリスエットとか、スーパードライとかを補充したり発注したりしている。第2,3類医薬品のご担当はもうすでにいたからだ。そして店の売上のほんの2,3パーセントもいくかいかないかのくせに飲料は回転が速いため、勤務時間は短いが日数の多い従業員が担当するのが適任なのです。

 

そして最近は、その回転のタイミングを見計らった発注が楽しくなってきて、小売りの端っこの愉しみに浸ってさえおります。

 

あいまいな投稿で失礼します。

 

 

2022 立夏 蚯蚓出

穀雨をすっとばし、気が付けば5月も上旬が終わります、この寒さは何だろう…

本当はもうちょっと乾いて、セゾンビールなんかをごくごくとやりたかったのですが、冷えてからだの治水がおかしくなってきている、という感じ。薬店でもお腹(腸)の調子が悪い方、吐き気やめまいに悩む方が増えているし。

 

アナトミー・トレインの筋膜解剖の学びから、
4月の下旬は信州は諏訪へ古民家を見に行ったり父のパソコンの整備をしたり、
5月の1日には葉山へ『オルフェオの音風景』を見聞きしに行き、
パートの同僚が入院してしまって急遽ピンチヒッターやら、
ぽつぽつとセッション、
ゴールデンウィークの合間の平日6日には、展示室showroomへの間借り企画『律』など。

書いてみると案外パタパタと動いているのですが、願わくば週の前半、もう少しセッションしたいです!

 

足、求!

 

 

外仕事へ歩いていく往復40分の道のり中、スマートフォンで語学講座(ハートでつかめ!英語の極意 と、まいにち中国語)の聞き逃し配信を聞いているのですが、GW中は更新がお休みだったので、standFMで漢方の講座など聞いていました。これが面白い。

漢方薬の勉強て何から手を付けてよいか分からないようなところもあったのですが、十音の場合は植物や漢字が好きなので、構成生薬をアタマに叩き込むところから入るのが良さそうです。

十音の場合は、登録販売者の問題作成の手引きを始めとして、愛してやまない「生薬単」など繰り返しめくってぼんやりと生薬のイメージできるようにしていくのですが、耳から毎日聞いていたら、最初は漢字の羅列だったものが、絵の具の原色のように感じられるようになっていき、

それらが構成され方剤になった時は、その方剤の効能が、生薬の絵の具を混ぜたように、なんとなく色でイメージされるのです。

このぼんやりと立ち上がるイメージが私にとってはとても大事です。

思えば五行で見立てていくのもわずかなイメージのかけらをひろい集めて手の中にふんわりと「小さなその人」が現れ(実際には足、なんですが)そこから調子を想像し養生を引き出す。なんだかふわふわとした言い方なのですが、現在これ以上説明ができない。

 

 

ayakoxyamazaki.wixsite.com

そんな、感覚的に過ぎる十音が、高円寺の「あわいものや」でお呼ばれ施術します。

店主との企画らしい相談は時間とチャージぐらいのもので、その他は本当にそこにただいてただただ足に揺さぶりをかける人となる。

 

なぜか、「ジャッジがない場」という言葉が浮かぶ酒場(酒場なのか?)なので、施術もそこにチャレンジしたいと思います。

 

リフレクソロジーの施術、というと「『どこが悪い』かわかるんですか?」とよく訊かれるし、どこが悪いのを知りたがる人もいるし、どこが悪いと言わないと満足しない人もいるんですけれど、

十音がやっているのはただただ違和感の差し込みなんではないか、
「こんなところに第4趾があったのか」とか小さく認識して頂くのを繰り返して、
もしかしたらネガではなくてポジとなった身体で帰っていただくだけなのでは。

 

ついつい調子は如何ですかと尋ねてしまうのですが、できればそれもなく。

調子が良いとか悪いとか人生ジャッジではなく、そういう身体が今ここにあるねとオチもなく。

西洋占星術師で納棺師で喫茶と酒場の店主とのカウンターでの時間もおたのしみに。

まだ全枠受付中です。

tonenoteトオンノオト その薄っぺらの裏側のこと

【tonenote】
そして今日は、腹膜のこちらとむこうを見ました。
裏の表は裏、表の裏はなにかの表。
この意識で施術は随分変わると思います。
指に触れるソレが骨のどこに付着しているか、骨でなくどことつながっているか、知るのはとても楽しいことです。
「解剖生理学」を最初からいっぺんに学んで混乱した方にも、解剖学と生理学を一旦分けて、シンプルに形や組織のつながりを見ることはおすすめできます。
昨夜書き散らかしましたが、全体を見ることに疲れちゃうことはありますし、パーツを磨くことで全体に血が通うものです。
.
筋肉の、「裏側」ってなに。と思われるかもしれません。でもその足疲れ、どこに宿しているのでしょう。裏にもあると思うんです。筋肉の多くは、思っているより薄い。ペラっとめくると裏が見え、光を透かしさえする、ミルフィーユカツ状態の人体よ。
ネットで受け取れることは膨大ですが、本に描かれていることも膨大ですが、冒険家からの見聞録も追いきれませんが、全てに発信元のフィルターがかかるのは当然。でも実際に「さきほぐす」こととその間にあることをこうして目撃し、自分のフィルタを選択することができる時代。
.
また、レトリックに頼って薄っぺらいことを言っているようにも思いますが、
腹直筋とおなじぐらい、その薄っぺらさにも裏はあるのでは。
 
わたしの場合は、
表だけのころはこちらから押すことしか知りませんでしたが、
裏を知ると、肉のむこうから指を押し返す力があるなと感じることができるようになりました。